History of bonbon watch
キャビンアテンダントの目に止まり、その人気が世界に広がる

「bonbon watch」は1989年フランス生まれ。
プレタ・ポルテメーカーで、カラーリスト兼デザイナーとして活躍していたアレクサンドラが、 「思わずつけたくなるような可愛い時計がないから、自分で作ってしまおう」と考えたのが誕生のきっかけです。

同年、ユーロ・ディズニーランド開園と同時に、園内にブティックをオープン。この女性らしいカラフルでファンタジックな時計はパリっ子の注目の的に。

その後、パリ便のキャビンアテンダントの目にとまり、人気は世界へと広がった。キャビンアテンダントの推薦で、JALやANAの機内販売商品に採用されたこともあるという。

2000年3月、日本での本格的展開をする為、アレクサンドラジャパンを設立。

5月には銀座に第1号店をオープン。
芸能人にもコレクターが多く、数百本保持するリピータも多数存在。
Copyright bonbonwatch 2000- .All Rights Reserved